マサキチ1BAN

アオサ料理紹介

鯛のあおさクリームソース

「第3弾」イベント【あおさ料理自慢コンテスト】☆グランプリ料理☆
〜 福岡県/ちゃーちゃん さん〜
●材料 ①鯛(2切れ) ②下味/塩、胡椒(お好み)、小麦粉(大さじ1程度) ③焼く用/ オリーブオイル(大さじ2) ④あおさソース/あおさ(4g)、生クリーム(100ml)、牛乳(50ml)、塩(ひとつまみ)、醤油(小さじ1)、白だし(大さじ1)  ●レシピ ①鯛に塩、胡椒で下味をつける ②小麦粉を鯛に軽くまぶす ③フライパンにオリーブオイルを入れて熱する ④鯛を皮目から入れて中火で4分焼く(スプーンで油をすくって、鯛にかけながら焼く) ⑤皮目に焼き色がついたら、裏返して2分焼く ⑥火を止めて、余熱で中まで火を通す(フライパンからお皿に移す) ⑦⁡魚を焼いたフライパンで生クリーム、牛乳、あおさを入れて弱火で煮詰める ⑧クリームにとろみがついてきたら、塩、醤油、白だしで味を整える ⑨クリームソースを器に盛って、鯛をのせたら完成  ●自己評価 あおさの風味がよく、クリームによく合います。和風と洋風のいいとこ取りの料理です。とてもおいしくできました。私のあおさ料理自慢でした‼︎

プロシュートの生春巻き 〜あおさマヨソース〜

「第3弾」イベント【あおさ料理自慢コンテスト】☆グランプリ料理☆
〜みーもん さん〜
●材料 ①生春巻き/生春巻きの皮・お好きな野菜(レタス・にんじん・きゅうり)・プロシュート・ミニトマト ②あおさマヨソース/あおさ・マヨネーズ ・かけ醤油・お好みでブラックペッパー  ●レシピ ①お好きな野菜とプロシュートの生春巻きをつくり、半分にカットし、お皿に盛る。ミニトマトは薄く切り、生春巻きの上に乗せる。②あおさは水でふやかし水気を切り、マヨネーズ、かけ醤油と一緒に混ぜ合わせる。③ソースを生春巻きにかけ、お好みでブラックペッパーをふって完成。  ●自己評価 香りがとてもよくて大好きです。

白身魚の白ワインバターあおさソース

「第3弾」イベント【あおさ料理自慢コンテスト】☆入選料理☆
〜としちゃん さん〜
●白身魚はフライにします。  ●ソース材料 白ワイン・酢・塩・こしょう・バター・あおさ  ●レシピ 企業秘密 ●自己評価 和洋中、何にでも合うあおさはとても大活躍です。 

ローストビーフのあおさソース

「第3弾」イベント【あおさ料理自慢コンテスト】☆入選料理☆
〜福岡県/やんちゃん さん〜
●ローストビーフを作っておく  ●あおさソース材料 あおさ・玉ねぎすりおろし・おろしニンニク・しょうゆ・みりん・赤ワイン ●レシピ  ①ローストビーフを焼いたフライパン(油、肉汁はそのまま使う)におろしニンニクとすりおろし玉ねぎを炒める ②ワイン、しょうゆ、みりんを加えて煮詰める ③粗熱がとれたらあおさを混ぜる ④ローストビーフにかけて、野菜を盛り付けたら完成  ●自己評価 磯の風味が感じられておいしいですね。大好きです。いつもは和食に使いますが、今回は洋食に使ってみました。おいしかったです。 

アオサと釜揚げしらすの天ぷら【おすすめ】

地元で、よく食べられるアオサ料理の一つです。
①アオサを水で戻します(少量の水から始めて徐々に湿らせます アオサを小さめにカットしたり 中にザルを敷いて水を切る方法もあります)
②つなぎを作ります(先に生地になる 小麦粉・卵・水・塩少々をやや硬めに作ります) ③水で戻したアオサとしらすを入れます(水を加えながら混ぜ合わせ調整します)
④熱した油の中に投入します(スプーンですると形が崩れにくいです)
出来上がりです(具材等の分量は お好みで調整してください)

アオサの板天

シンプル イズ ○○○!
①お好みの大きさにカットします ②衣をつけます ③油で揚げます  出来上がりの写真は アオサと釜揚げしらすの天ぷらをご覧ください

アオサの佃煮【おすすめ】

簡単! これ一つで、ご飯が進みます。
①出汁を作ります(水:約50㏄、しょう油:約大さじ2、みりん:約大さじ1、砂糖:約大さじ1を鍋で温めます) ②アオサを出汁に入れます(アオサは水に戻さず 細かくカットして入れると出汁に速く馴染みます) ③煮込みます(ある程度水分が無くなるまで 火加減を調整しながら 焦がさないように混ぜます) ※島のり1枚分の例です。
出来上がりです(アツアツのご飯に掛けてどうぞ…)※甘辛く作るのがコツです。

アオサのお吸い物

皆さんご存知! 定番レシピ
①アオサをお好みの分量でカットします ②出来たてアツアツのお吸い物に入れます
出来上がりです(後乗せ 直入れ お好みでどうぞ)※お忙しい時はインスタントのお吸い物に後乗せもありです。

アオサとサザエの酢みそ和え【マサキチオリジナル】

アオサとサザエの相性♡お酒と一緒にいかがでしょう!
①サザエの下ごしらえをします(熱湯で 十分塩茹でします 茹で上がったら串などを使って身を取り出します 下の肝を取り除きます 薄めに切ります) ⚠茹で上がりは 火傷に注意してください。
②酢みそを作ります(酢・麦みそ・砂糖を それぞれ約1:1:1の割合で混ぜ合わせます)※最初は少なめに作り アオサとサザエを入れてから 味の調整をすると良いですよ。
③酢みその中にアオサとサザエを加えます(水で戻したアオサとサザエを入れて混ぜ合わせます 同時に味の調整をしましょう) ※アオサは玉にならないようにほぐしながら水で戻してください。
出来上がりです(胡麻を振って完成!)

アオサの塩むすび(サザエ入り)【マサキチオリジナル】

ひとくち食べれば ヤミツキに!
①アオサを水で戻します(玉にならないようにほぐしながら水で戻してください)
②サザエの下ごしらえをします(熱湯で十分塩茹でします 茹で上がったら串などを使って身を取り出します 下の肝を取り除きます お好みの大きさに切ります しょう油・酒・砂糖で甘辛く煮込みます) ⚠茹で上がりは 火傷に注意してください。
③アオサの混ぜご飯を作ります(アツアツのご飯にアオサを混ぜて 塩で味付けします) ②中にサザエを入れておむすびにします
出来上がりです(お好みで いろいろな具を入れたり… 入れなくてもGoodです)

アオサとホウタレのぬた漬け【おすすめ】

地元で、よく食べられるアオサ料理の一つです。
【ホウタレ=カタクチイワシ】愛媛県民はホウタレと呼んでいます
①アオサを水で戻します(最初にアオサと水を馴染ませておきます) ②ホウタレの下処理をします(頭と内臓を取ります→腹を開いて骨とヒレを取ります→軽く水洗いして汚れを取ります)※指でも簡単に出来ますよ! ③ホウタレの水分を取ります(ホウタレに塩少量を掛けて まんべんなくほぐします)※水分が出てきたら取っていきます
④酢とホウタレを漬け込みます(ホウタレの身の色が 白く変わるまで待ちます)
⑤アオサを入れて味付けします(酢・しょう油・砂糖で味を調えます)
出来上がりです(お酒の肴には欠かせない アオサ料理の一品です!) ※分量の参考にしてください → アオサ=1枚、ホウタレ=8匹、酢=約90g、しょう油=約大さじ3、砂糖=約大さじ4

CONTACT

PAGE TOP